{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

ソロキャンプにはこれで決まり!おすすめキャンプ道具15選

ソロキャンプにはこれで決まり!おすすめキャンプ道具15選

今大注目のソロキャンプ。家族や友人と行くキャンプと違い、準備から撤収までたった一人で行うからこそ圧倒的な解放感を味わうことができます。ゆっくりと焚き火を楽しんだり、好きな本を読んだり、夜空の星を見たり…何をするにも自分次第。最高の「非日常感」を体験できるのが魅力なんです。そこで今回はソロキャンプを始めたいあなたに、最初に用意すべき道具を紹介していきます!

初期作成日:2022年7月1日
更新日:2023年1月13日

最低限揃えておくべき道具は何?

ソロキャンプ,ソロテント,キャンプ,アウトドア
出典:o-dan

準備から設営、撤収まで一人で行わなければいけないソロキャンプの道具はなるべくコンパクトにまとめた方が◎。最低限必要なものを用意してから、サブで持っていたら便利そうなものを準備していきましょう。

最低限必要なものは以下のものとなります。

・テント
・テーブル
・チェア
・ランタン
・シュラフ
・マット
・バーナー
・クッカー
・テント

寝室として泊まりキャンプには必須のアイテム。ドームタイプやワンポールタイプなど様々な種類がありますが、ソロキャンプには手軽に設営ができ、軽量なタイプがおすすめです。

テーブル

調理する時やご飯を食べるとき、小物置き等用途は様々あるので、こちらも必須です。ソロサイズのテーブルは各社から多数でていますが、収納時にコンパクトになるものや軽量なものが良いでしょう。

チェア

テーブルと合わせてあるとキャンプ中快適に過ごす事ができます。座面高さが低め~高めのものまで様々あるため、自身のキャンプスタイルに合わせて選ぶのがコツです。

ランタン

暗くなってきたら明かりは必須です。ランタンは大きく分けて「LEDランタン・ガスランタン・灯油ランタン・ガソリンランタン」の4種類あります。複数持っていくのもいいですが、ソロキャンプではできる限りギアの数は少なめにしたいもの。おすすめは火傷の心配がなく安全に使用できるLEDランタン。1個持っていければ、メインランタンとしてはもちろん、テント内に持ち込む事も可能です。

シュラフ(寝袋)

シュラフ=布団ですね。シュラフにも種類があります。まずは形。布団のような感覚で眠れる「封筒型」とフィット感がある「マミー型」の2種類。また、中綿も「化繊」「ダウン」の2種類あります。選び方のコツは、どの季節に使用するか。秋冬のキャンプに春夏用のシュラフは身体がしっかり温まらず危険。どの季節にキャンプに行くかという事から絞るのがポイントです。

マット

マットはシュラフとセットで必要なアイテム。すべてのキャンプ場の地面が整備されているわけではないので、テントの上に直にシュラフをひいただけでは、身体や腰に想像以上に負担がかかってしまたり、地面からの冷気が直に伝わってきて、快適な睡眠ができない原因に繋がる事も。そんな時にあると良いのがキャンピングマット。空気を入れて膨らませるエアマットや広げるだけでOKなウレタンマットなど、こちらも種類が多いので、寝心地、収納性、設営のしやすさなど自分が一番重要視したいポイントを考えた上で選びましょう。

バーナー

キャンプの醍醐味のひとつでもある「キャンプ飯」。それに欠かせないのがバーナーです。ソロキャンプであれば、コンパクトで持ち運び便利なシングルバーナー(一口)がおすすめです。料理を楽しみたい!という方はツーバーナー(二口)の使用もありです。

クッカー(調理器具)

クッカーとは鍋やフライパンなどの屋外用の調理道具のこと。現地で火を使うなら必須ですね!調理をしなくてもお皿代わりに使えるのであると損はありません。素材や形、収納性などもメーカーによって様々なので、色々チェックしてみてください。

ソロキャンプにおすすめなテント2選

ソロキャンプ,ソロテント,キャンプ,ソロキャン,アウトドア
出典:o-dan

クイックキャンプ ダブルウォール ドームテント 3人用 インナーテント付き QC-DT220

手軽に設営可能なワンタッチモデル。インナーテントとフライシートが一体化しているためより設営時間が短縮できます。結露の多い秋冬シーズンにも対応している高機能テントです。

クイックキャンプ (QUICKCAMP)ダブルウォール ワンタッチテント 3人用 インナーテント付き タン QC-DT220 TN

・設営は簡単ワンプッシュ。
傘のように一瞬で広がり、片づけも簡単。
・フライシートとインナーテントに分かれたダブルウォール仕様で、寒い季節にも対応。

クイックキャンプ ポリコットン ツインポールソロテント

無骨でミリタリーな印象を与えてくれるこちらのテント。火の粉に強いポリコットン素材を使っているので近くで焚き火も楽しめます。シェルタースタイルや、両サイドのフラップを跳ね上げた開放的なスタイルまで色んな張り方ができます。

クイックキャンプ (QUICKCAMP)ソロテント 1人用 ポリコットン ツインポールソロテント カーキ QC-PT340 KH

・火の粉に強い人気のT/C(ポリコットン)生地仕様。
・様々なテントの張り方ができる。

ソロキャンプにおすすめなテーブル3選

ソロキャンプ,ソロキャン,ソロテント,キャンプ,テント,アウトドア

クイックキャンプ 折りたたみ フルメッシュミニテーブル ヴィンテージ QC-2FMT60 VT

ハイスタイル(34.5cm)とロースタイル(27cm)の2段階調整ができるテーブル。耐熱スチールメッシュ天板で調理後の熱いケトルやスキレットを直接置いても平気です!

クイックキャンプ (QUICKCAMP)折りたたみ フルメッシュミニテーブル 二つ折り ヴィンテージ QC-2FMT60 VT

・調理後のケトルやスキレットも気軽におけるスチールメッシュ天板。
・高さ調整2段階 丁度良い高さに設定可能。

クイックキャンプ ONOE×QUICKCAMP アイアンメッシュテーブル ブラック 別注モデル QC-ON01 BK

クイックキャンプ×尾上製作所のコラボ商品。鉄製のメッシュ天板を使用しており、熱々の調理器具を直乗せしてもOK。直火調理も可能です。ワイドハンドル付きで、シエラカップ等の調理小物をかけられるのもおすすめ。

クイックキャンプ (QUICKCAMP)焚き火 直火 アイアンメッシュテーブル ブラック QC-ON01 BK

・熱いスキレットやケトルなども乗せられる鉄製天板。
・耐荷重20kgで重いダッチオーブン調理も安心。

スノーピーク グリルテーブル エントリーIGT CK-080

ロースタイルキャンプにぴったりなテーブル。脚部は一体型で折りたたんで収納が可能なのでコンパクトに持ち運びできます。ソロ用サイズですが、スノーピークのマルチファンクションテーブルなどとの連結も可能で、シチュエーションに応じて自在に拡張することができるのも特徴です。

スノーピーク(snowpeak)グリルテーブル エントリーIGT CK-080

「エントリーIGT」は、「IGTスリム」同様、3ユニット分にシステムデザイン。
脚部は一体型で折りたたんで収納ができます。
側面にはガスカートリッジを取り付けられるレール付き。

ソロキャンプにおすすめなチェア4選

ソロキャンプ,ソロキャン,ソロチェア、1人掛けチェア,1人用チェア,チェア,アウトドアチェア,椅子

クイックキャンプ 一人掛け ウッドローチェア QC-WLC

デザイン性抜群のローチェア。シートは燃えにくい素材を使用しているため焚き火チェアとしても最適。背面と座面にはウレタンシートが挟まれており、長時間の使用も身体が疲れにくくなっています。

クイックキャンプ (QUICKCAMP)一人掛け ウッドローチェア 焚き火 ブラック QC-WLC BK

・座り心地に拘ったキルティング仕様のクッション入りシート。
・丈夫で温かみのあるブナ材のチェアフレーム。

コールマン ファイヤープレイス フォールディングチェア 2000034675

ランバージャックスチェア ランバージャックスチェア LUM-CH

ランバージャックスチェア(LUMBER JACKS CHAIR)ランバージャックスチェア マッドブラウン LUM-CH MD

耐荷重は設定しておりません。
平均成人男性体重(70kg以内)でご利用ください。
無理な荷重はかけないようにしてください。

クイックキャンプ 焚き火チェアQC-LLC20

焚き火をより近くで、 より楽しめる座面高さ20cmのローチェア。 燃えにくいシート素材 しっかりとした厚手のシート素材。火の粉の燃え広がりが抑えられるため、焚き火近くでの使用に最適です。

クイックキャンプ (QUICKCAMP)焚き火チェア ローチェア 収束 ブラック QC-LLC20 BK

・火の粉に強い防炎加工(炎が広がらないもの)されたシート。
・収納袋やブランケットを収納できる座面下ポケット付き。

ソロキャンプにおすすめなランタン2選

ランタン,キャンプ,アウトドア,灯り
出典:o-dan

クイックキャンプ 1000ルーメン LEDランタン QC-LED1000

クイックキャンプ (QUICKCAMP)1000ルーメン LEDランタン 電池式 ホワイト QC-LED1000 WH

・3段階の明るさ調整可能。
・キャンプサイトの雰囲気を損なわない暖色LED(300ルーメン設定時は昼白色)。

フュアハンド フュアハンドランタン 276 ジンク 12562

多くのキャンパーから人気のフュアハンドランタン。約20時間明かりを灯してくれる燃焼効率の良さを誇ります。優しい明かりなのでこちらもメインランタンとしては適さないですが、キャンプの雰囲気をグッと高めるランタンとしてあると良いかも

フュアハンド(FEUERHAND)フュアハンドランタン 276 ジンク 12562

●燃料 : 灯油 ●サイズ : 15cm×26cm ●重量 : 480g ●タンク容量 : 340ml ●燃焼時間 : 20時間以上 ●明るさ : 5W

約20時間以上明かりを灯してくれる燃焼効率の高さはもちろん、そのシンプルな構造はどなたでも簡単に扱うことができます。

ソロキャンプにおすすめなマット2選

インフレータブルマット,キャンプ,寝具,アウトドア

クイックキャンプ 極上インフレータブルベッド 10CM 極厚 シングル QC-AM70

厚み10cmの極厚マット。アウトドアでも自宅のベッドで寝ているような快適な睡眠が可能です。本体に付属しているバルブを開くと自動膨張する仕組み。設営に手間はかかりません。

クイックキャンプ (QUICKCAMP)極上インフレータブルベッド 10cm 極厚 シングルサイズ 1人用 アウトドア マット サンド QC-AM70 SD

・特大バルブで自動膨張。
・逆流防止バルブでストレスなく設営、収納可能。
・厚さ10cmの肉抜き加工されたウレタンを採用。

クイックキャンプ 車中泊マット 5CM 厚手 シングルサイズ QC-CM5.0

5cm厚のキャンピングマット。バルブをひねるだけで自動膨張する仕組みで設営の手間はかかりません。裏面には滑り止め加工がされているので、就寝中マットがずれるのを防ぎます。

クイックキャンプ (QUICKCAMP)車中泊マット 5cm シングル アウトドア ベッド グレー QC-CM5.0 GY

・特大バルブで自動膨張。
・車中泊からテント泊まで、使い勝手の良い5cm厚。

ソロキャンプにおすすめなバーナー2選

バーナー,キャンプ,ソロキャンプ,ソロキャン,アウトドア

アラジン ポータブルガスコンロ KAMA-DO シングル SAG-K29A

日本の伝統的な暮らしの道具「かまど」をイメージしたカセットコンロ。使いやすい仕様とポップなカラーリングでキャンプでも自宅での使用もおすすめです。カセットボンベをセットするだけですぐ使えます。風に強い耐風設計なのでアウトドアの使用も安心です。

アラジン(Aladdin)センゴクアラジン ポータブルガスコンロ kama-do シングル カセットコンロ SAG-K29A

日本の伝統的な暮らしの道具「かまど」をイメージしたカセットコンロ
ポイント1:「かまど」をイメージした新しいデザイン
ポイント2:外見だけじゃない優れた機能

スノーピーク ギガパワーストーブ 地 オート GS-100AR2

最高出力2,500kcal/h。携帯性、重量、ゴトクの安定性、火力のトータルバランスが優れたシングルバーナー。4本の五徳で安定して調理が可能です。

スノーピーク(snowpeak)ギガパワーストーブ 地 オート シングルバーナー GS-100AR2

携帯性、重量、ゴトクの安定性、火力のトータルバランスが優れたストーブです。
着火に便利なオートイグナイタを装備。

ソロキャンプを始める4つのポイント

ソロキャンプ,ソロキャン,ソロテント,キャンプ,アウトドア

道具を揃えよう

キャンプのスタートは道具集めから。最初はレンタルサービスを利用する手段もありますが、やっぱりいずれは自分のものがほしいですよね。とはいっても多くのメーカーから様々なものが出ているので、まずは「最低限必要なもの」次に「あったらいいなと思うもの」等順序を決めて用意していくのが良いでしょう。この記事の前半部分をぜひ参考にしてみてください!

テントはキャンプに行く前に試し張りを!

ソロキャンプは1人で準備をしなければならないもの。いきなりキャンプ場に行くよりは、事前に近くの公園等で試し張りをしておくと良いでしょう。ソロ用テントはシンプルな設営のものが多いですが、やっておく事に損はないですよ。

交通手段を決めよう

キャンプ場へはどんな交通手段で行くのかを決めるのも大事です。車であれば十分荷物の積み込みが可能ですが、電車などの公共交通機関を使う場合は注意が必要。持っていける荷物に限りがあるので、必然的に持っていく道具が決まるはずです。

防犯対策はしっかりと

残念ですが、キャンプ道具の窃盗などが発生する可能性もゼロではありません。最近では女性ソロキャンパーの増加により、しつこく声をかけられたりするケースもあるようです。夜間はなるべくキャンプ道具をテントやタープ内に入れておく事や、防犯ブザーを準備しておく、就寝中はテントに鍵をかけるなど対策はしっかりしておきましょう。

まとめ

ソロキャンプ,ソロキャン,ソロテント,キャンプ,テント,アウトドア

贅沢な時間を過ごせるソロキャンプ。風や川の音を聞いたり、焚き火で揺らめく火をじっくり眺めたり、非日常間を楽しめ何をするにも自分次第。事前準備をしっかりをしてソロキャンプに出掛けましょう!

メールマガジンの購読

並び替え
14件中 1-14件表示
並び替え
14件中 1-14件表示

関連記事

トップへ